作成者別アーカイブ: f-craze

『a+u』2018年3月号

『a+u』2018年3月号、特集テーマは
『新しい歴史の創造 第2回シカゴ建築ビエンナーレのその後』
いまの建築家たちが歴史にどう向き合っているのかが分かります。
「歴史」と言ってもマスターピースだけじゃなく
これまで注目されていなかったものや普遍的な幾何学など
さまざまですね。

イントロダクションや作品解説など翻訳させていただきました。

『a+u』2018年2月号、「デイヴィッド・アジャイ 2007〜2018年」

10年ぶりの特集で、ケルン、ラトヴィア、デンバーなど
世界各地のさまざまな圧倒的プロジェクトを追っています。
タワー、オフィス、橋、住宅……
エッセイ「光と密度」ではルイス・バラガンにも触れられていて余韻があります。

エッセイや作品解説など、翻訳させていただきました

道後夢菓子噺(どうご むかしばなし)と宇和島じゃこ天

 

和菓子の道後夢菓子噺(どうご むかしばなし)と宇和島じゃこ天。
モノが違うのでパッケージの雰囲気もぜんぜん違いますが、
どちらもデザインを手がけているのは、
愛媛のグラフィックデザインスタジオ、
松本幸二さん率いるグランドデラックス。
どちらも美味しそうです、笑。

いつも翻訳でご一緒させていただいてます。

『a+u』2018年1月号、最新プロジェクト特集。

OMA、ピーター・ズントー、ヴァレリオ・オルジアティ、
ジャン・ヌーヴェルなどによる、規模も用途もさまざまな建築が掲載されています。
イタリア、スイス、南アフリカ、ドバイ、スロベニア、タイ、中国…
世界中の風景が取りこまれた写真を眺めるだけでもドキドキします。
作品解説の翻訳をしています。

フィールドフォー・デザインオフィス アニュアルレポート2017


ホテル、オフィス、カフェ、クリニック……
綺麗な写真は眺めるだけでも楽しいです。
スタッフ紹介もバンザイしてたり頭に何か載せてたり、笑。
各パートの紙質までこだわって作られてて、シオリまで美しい建築作品集。
バイリンガル、英訳させていただきました

GA 世界の村と街5:イタリア半島の村と街Ⅱ

〈GA 世界の村と街5:イタリア半島の村と街Ⅱ〉
ヨーロッパ地域を中心とするシリーズの復刻版。
この号ではアルベロベッロ、チステルニーノ、オストゥーニという、
3つの街を収録しています。
カバーからこの青空と白壁が出てくるコントラストもステキで、
旅してる気分になりますね。

翻訳させていただきました。

http://www.ga-ada.co.jp/japanese/ga_vt/gavt05.html

新建築2017年12月号

新建築2017年12月号。
「最新プロジェクト+特集:地域医療福祉の拠点が担うもの」
という珍しい構成。
 
一年の締めくくりの流れで、隣同士だった乾久美子さんと浅子佳英さんが
月評対談というのが微笑ましいです。
「真面目さの流行」という興味深いテーマが語られていますが、
やはり、ある種の不真面目さも必要ですね(笑)。
 
冒頭のEXHIBITION(女性建築家展)と巻末の月評で翻訳させていただいてて、
BOOKSでは拙訳『我々は人間なのか?デザインと人間をめぐる考古学的覚書』
(BNN新社)が掲載されています。

『a+u』2017年12月号、ヴァン・モリヴァン特集

『a+u』2017年12月号、
カンボジアの建築界を牽引してきた建築家、
ヴァン・モリヴァン特集。(Vann Molyvann、1926〜2017年)

多数の撮りおろしの写真からは、
モリヴァン氏の知られざる名建築だけでなく、
カンボジアの街並みやアジアの熱気も感じることができます。
とても迫力ある特集です。

冒頭のエッセイ他、翻訳でお手伝いさせていただきました。

新建築2017年11月号

新建築2017年11月号。木造特集。
大学、オフィス、駅舎、住宅……
それぞれの視点で身近な素材を活かしている、魅力的な空間。
月評の翻訳を担当しています。
 
論壇で登場している「ヒダクマ」は、
以前にウェブサイトの翻訳をさせてもらったんですが、
飛騨の木材資源とデジタル技術やクリエイターのネットワークなど、
伝統と最新を融合する仕組みづくりが興味深いです。

『a+u』2017年11月号「ヨーロッパ建築1945〜1970年 モダニズムとコンテクストの統合」

『a+u』2017年11月号、特集は
「ヨーロッパ建築1945〜1970年 モダニズムとコンテクストの統合」。
美術館、教会、大学、住宅……
ジャンルも国も年代も網羅されてて保存版です。
先月のアメリカ建築特集につづき、
まだ実物を見てないのがたくさんあると改めて実感します、笑。
旅に出たくなりますね。
冒頭エッセイを翻訳させていただきました。