実績」カテゴリーアーカイブ

『a+u』2019年1月号、特集:Re:Swiss スイスの建築家U-45

建築の分野でも存在感があるスイスで
多様な自然のなかにある
学校、住宅、美術館など

ピーター・ズントーやヘルツォーグ・アンド・ド・ムロンなど
大御所のイメージが強かったので若手特集というのは興味深いです。

『a+u』2019年1月号、特集:Re:Swiss スイスの建築家U-45

翻訳でお手伝いさせていただきました。

『a+u』2018年12月号、特集:NBBJ-クリエイティング・コミュニティ

表紙のアマゾンをはじめサムスンやマイクロソフトの
オフィスなどの設計を手がけるNBBJ
 
脳科学者や植物学者とも一緒になって設計をしてたり
クライアントのインタビューから設計者への信頼がうかがえたりして
とても興味深い特集です。
 
エッセイや作品解説の翻訳をさせていただきました。
 
『a+u』2018年12月号、特集:NBBJ-クリエイティング・コミュニティ

AXIS 196号 特集|夜と朝

AXIS 196号 特集|夜と朝
 
第2特集は 日本文化発信の未来
 
ジャパン・ハウス総合プロデューサーでもある原研哉さんと
MITメディアラボ所長の伊藤穣一さんの対談では
グローバルとローカルは一対の概念であること、
「日本らしさ」が何なのかを深く考えないと、
といったことが語られていて興味深いです。
 
翻訳の立場でかかわらせていただきました。

『a+u』2018年11月号、特集:ノルウェーとデンマークの建築+レール・コリドー、シンガポール

シンガポールの鉄道線跡地レール・コリドー

緑ゆたかな環境のなかに感性を刺激する公共空間っていう
プロジェクト(日建設計)の内容、さらに
国際的なコンペの主催者側や参加側の進めかたも興味深い特集

『a+u』2018年11月号、特集:ノルウェーとデンマークの建築+レール・コリドー、シンガポール

Yamaha,One PassionーヤマハデザインのDNA、そして未来

「ヤマハ」と聞くと楽器派とバイク派にわかれるみたいなのですが、
両社(ヤマハとヤマハ発動機)のデザインを追求した一冊では
「音楽もバイクも“ノル”(乗る)もの」みたいな
すてきなフレーズでつながっています、笑。
 
AXIS(アクシス) 2018年 10 月【増刊号】
Yamaha,One PassionーヤマハデザインのDNA、そして未来
翻訳でお手伝いさせていただきました
【メイン担当: ミッチー、やよ】

『a+u』2018年10月号、特集:大地、人、時に寄り添う、台湾の建築

各地を実際にめぐって地元のひとと交流しながら
特集を進めたという台湾の特集号

住宅、工場、ホテルなど建築と周辺の
今の写真を眺めると旅をしている気分になります。
翻訳の部分でお手伝いさせていただきましたが、
「Ilha Formosa(美しい島)」とも呼ばれた台湾の魅力に満ちた一冊です。

AXIS 195号 特集|世界のデザイン大学2018

京都工芸繊維大学 KYOTO D-Lab
国境や分野を超えたコラボとイノベーションが印象的です。
こういう背景や大学全体のおおきな話、
教員や運営側はもちろん、
学生のあいだに知っておけると素晴らしいですね。
ほかにもパーソンズ美術大学など
国内外の大学が掲載されています。
 
翻訳お手伝いさせていただきました。
【メイン担当: ミッチー、やよ】
 

BAKE CHEESE TARTあべのハルカス店、dezeen award 2018最終選考に

イギリス発の世界的なデザイン系メディアが主催する
「dezeen award 2018」
 
そこで、BAKE CHEESE TARTあべのハルカス店が最終選考に。
周辺地域の物語や素材を活かしつつ
チーズタルトの熱・色・香りも伝えるお店のことが
世界で評価されています。
店舗デザインは「やぐゆぐ道具店」鈴木文貴さん。
ほかには国際的な事務所スノヘッタなども選考に残っています。
 
翻訳お手伝いさせていただきました

『a+u』2018年9月号、特集:オーストラリアのサステイナビリティ

『a+u』2018年9月号、特集:オーストラリアのサステイナビリティ
 
多様な気候と民族を背景にした
サステイナビリティについての考え方
 
いちばん乾いた大陸ともいわれるオーストラリアでは
街中でもシャワーの水が制限されてることも多くて、
住んでたころは、自然・環境と聞くとまっさきに水をおもいました。
 
翻訳でお手伝いさせていただいてます。

京都工芸繊維大学「KYOTO Design Lab」のYear Book2017

京都工芸繊維大学「KYOTO Design Lab」のYear Book2017

建築やデザインの実践的な方法論と
外部とのさまざまなコラボレーションが
まとめられています。

学生のあいだに実感することって多分すくないけれど
こうして世界の最前線の話を聞けるってすごいことですね。

翻訳お手伝いさせていただきました