実績」カテゴリーアーカイブ

『〈折り〉の設計』 2刷

「プリーツ(折り)」をわかりやすく解説している本
手近な紙で練習したくなります。

ファッションからインテリアや建築まで
デザインの実例も多く楽しい内容です。

ランプシェード/イッセイ・ミヤケ
スカーフ/須藤玲子
Paternoster Vents/トーマス・ヘザーウィック
などなど

『〈折り〉の設計』(ビー・エヌ・エヌ新社)

おかげさまで2刷になりました。
ありがとうございます!

翻訳させていただいています。

AXIS 199号 特集|変容する都市

田川さんと対談されてるマツダのデザイナー、前田育男さんの
『僕の仕事は「ブランドをつくること」が最上位概念』
ということばも印象的です。

エンジニアとの連携でデザイナーが突っ込まれることも増えたっていうエピソードも、笑。

『田川欣哉のBTCトークジャム』より

AXIS 199号 特集|変容する都市
今号も翻訳でお手伝いさせていただいてます。
【メイン担当:やよ、ミッチー】

ニューケイナンのミッドセンチュリー・モダン・ハウス特集『a+u』2019年5月号

自然のなかに佇む住宅の綺麗な写真、充実した図面のほか、
なかなか知ることのないエピソードも。

フィリップ・ジョンソンのガラスの家に招かれたフランク・ロイド・ライトの
「ここは家の中か外のどっちだ?帽子はかぶっておくのか、それとも脱ぐのか?」
ってセリフ、好きです(笑)。

各建築作品のキャプションなど翻訳させていただきました。

「新しい時代のはじまり」展 鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム

「新しい時代のはじまり」展 鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム、5/6まで
坂倉準三が設計した歴史的建築の改修過程を紹介する展示です。

平家池の独立柱
フランジ・ウェブの色彩再現された鉄骨
最新の技術で補強された大谷石の壁

たくさんのひとが訪れる鶴岡八幡宮境内で この建築が保存・活用されていて嬉しいです。

展示物の翻訳をさせていただきました。

【メイン担当: やよ、ともちゃん、ミッチー】

『彼女が大工になった理由』(エクスナレッジ)

新聞記者から大工へ転職した女性のエッセイ
『彼女が大工になった理由』(エクスナレッジ)

ハンマーを使ったり文章を書いたり
目の前のものに没頭してるときに
ふと、過去や未来にもつながっていく感覚

工事現場のありのままの状況が綴られながら
神話や小説なんかの引用もあって
珍しい感触の本です。

編集や建築の業界あるあるエピソードも満載で楽しいですね、笑。
建築の用語監訳させていただきました。

【メイン担当:牧尾、サポート:やよ】

木の國・木曽町の庁舎づくりⅠ

木曽町役場本庁舎・防災センターの公募型プロポーザルの記録集
約200もの提案の画像や
審査の過程が(何回目に何票入ったとかも)オープンになってて
建築・街づくり関係者やこれからコンペに出すひとにも参考になりそうです

発行:フリックスタジオ

翻訳させていただきました。
【メイン担当:やよ】

LOVE & PEACE:ロバート・インディアナ追悼展のカタログ

新宿のパブリック彫刻「LOVE」で日本でも知られる
ロバート・インディアナ(1928-2018)

去年の11~12月に開催された追悼展カタログは
手のひらサイズでかわいらしいです。

LOVE & PEACE:ロバート・インディアナ追悼展
公益財団法人現代芸術振興財団

英文校正でお手伝いさせていただきました。
【メイン担当:やよ】

東京、青山、テキスタイルの地図。 東京造形大学

東京造形大学の卒業生4名による、
テキスタイルとファッションの展覧会
「糸」という共通点はありながらも多様な空間を体験できます。
作品解説もシャレてますね

東京、青山、
テキスタイルの地図。
東京造形大学
https://www.textilemap.com/
3/26-4/3, 11:00―20:00
スパイラルガーデン(スパイラル1F)

翻訳でお手伝いさせていただきました。

クリスト&ガンテンバイン『The Last Act of Design – スイス建築の表現手法』


建物が竣工してからも、写真や模型を通じて、
そして何より建物をつかうひとによってデザインは続いていくんですね。
そんな感覚を強く思いださせてくれる展示です。

クリスト&ガンテンバイン
『The Last Act of Design – スイス建築の表現手法』
2019. 03. 20 – 31 ヒルサイドフォーラム

翻訳させていただきました。
【メイン担当:やよ、Bたん】

『a+u』2019年3月号

アルヴァロ・シザとエデュアルド・ソウト・デ・モウラ、
ふたりの建築家の特集号
ポルトガルの街並み、幾何学的な形の空間、光と影

45年にもわたって一緒に仕事をするというのはどんな感じなんでしょう。
ふたりの関係性や仕事の進め方もうかがえて興味深いです。

インタビューや手紙などの翻訳をさせていただきました。

『a+u』2019年3月号