実績」カテゴリーアーカイブ

翻訳実績の一部紹介

pen&paper 実績

2019年以降の翻訳実績について、一部をご紹介します。
(順不同。書籍著者名など敬称略)
最新情報や詳細はSNSや各記事でご紹介しています。

展覧会の展示物やカタログ


「新しい時代のはじまり」展(展示物、映像字幕、図録など)
@鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム
坂倉準三設計、改修工事を経て2019年6月オープン
改修設計:(株)丹青研究所、施工:(株)竹中工務店


ル・コルビュジエ 絵画から建築へ -ピュリスムの時代(展示物、図録など)
@国立西洋美術館、開館60周年記念


クリスト&ガンテンバイン
『The Last Act of Design – スイス建築の表現手法』
@代官山、ヒルサイドフォーラム/京都工芸繊維大学


子どものための建築と空間展
@パナソニック汐留美術館


東京、青山、
テキスタイルの地図。
東京造形大学
@表参道、スパイラル

デザイン・建築系の雑誌やウェブコンテンツ(継続)

建築雑誌『A+U』(Architecture and Urbanism)
海外の建築情報を伝える和英バイリンガルの月刊誌(新建築社)


デザイン誌『AXIS』
新たな社会やライフスタイルを展望し、クリエイティブな読者に提案する各月刊誌


『HOUZZ』(ハウズ)
住宅リノベーションとデザインのプラットフォーム
Netflixの『KonMari~人生がときめく片づけの魔法』の近藤麻理恵さんの記事など

デザイン・建築系の書籍


『彼女が大工になった理由』(エクスナレッジ)
新聞記者から大工へ転職した女性のエッセイ

海外アワードなど

下記のような国際的なアワードや出版物、展示会で、
英語でのエントリーや掲載用テキストの翻訳をさせていただいています。

・iFデザイン賞/iF Design Award、レッド・ドット・デザイン賞/red dot design award、
・ミラノサローネ、メゾン・エ・オブジェ
・グッドデザイン賞、日本建築学会 作品選奨、BCS賞 | 日本建設業連合会、
日本建築家協会(JIA)建築年鑑(日本建築大賞・JIA優秀建築賞・日本建築家協会優秀建築選)
・designboom、dezeen(Dezeen Awards)、Archdaily、Retail design blog、T18 Magazine、
・カンヌライオンズ(CANNES LIONS)、クリオ賞(The Clio Awards)、ワンショー(ONE SHOW)、NY ADC AWARDS、D&AD AWARDS、NY TDC Certificate of Typographic Excellence

———————————————————————————————————-

*「公開可能」という性質上、ここでご紹介しているのは書籍やPR文書が多いですが、
その他にもプレゼン資料や設計図、学術論文、契約書など、さまざまな翻訳に携わっています。
*株式会社フレーズクレーズや代表・牧尾晴喜(まきおはるき)のクレジットが明記されているもの、ご紹介の許可をいただいたものです。
*共訳、一部のみ翻訳担当のものを含みます。

———————————————————————————————————-

2018年までの実績の一部ご紹介です。


『安藤忠雄 建築家と建築作品』(著:安藤忠雄/松葉一清、鹿島出版会)


『Wonderwall Case Studies: Works by a Global Interior Design Firm』
(Wonderwall/片山正通作品集)


『都市のアクティビティ 日建設計のプロセスメイキング』(新建築2017年9月別冊)


『JUN AOKI COMPLETE WORKS | 3 | 2005-2014』(青木淳完全作品集 第3集)
『長谷川豪 カンバセーションズ ― ヨーロッパ建築家と考える現在と歴史』
『Voluntary Architects’ Network』(坂 茂、北山恒、ブラッド・ピット他
『建築家・坂本一成の世界』、『現代建築家コンセプト・シリーズ』
(小嶋一浩+赤松佳珠子/CAt、安東陽子、吉良森子、西沢大良、
佐藤淳、中村拓志、西沢立衛他)(以上、LIXIL出版、INAX出版)


『GA 世界の村と街』シリーズ(二川幸夫)
『安藤忠雄 最新プロジェクト(TADAO ANDO RECENT PROJECT) 』
『GA HOUSES 《世界の住宅》113』(伊東豊雄ほか)(以上、GA/ADA・EDITA・Tokyo)


『京都/KYOTO 本城直季写真集』
『広場 』(監修:隈研吾・陣内秀信、永山祐子、ほか) (以上、淡交社)


『あるノルウェーの大工の日記』、
『死ぬまでに見たい世界の超高層ビル』(以上、エクスナレッジ)

『J peak Manabu CHIBA(千葉学)』(EQUAL books社)


『〈折り〉の設計 ファッション、建築、デザインのためのプリーツテクニック』
『我々は人間なのか』、『ISOTYPE[アイソタイプ]』、『箱の設計』
『ナチュラル アーキテクチャーの現在』(以上、BNN(ビー・エヌ・エヌ)新社)


『コンパクト建築設計資料集成[都市再生]』、『建築雑誌』
・論文やインタビュー(レム・コールハース、スチュアート・ブランド、
ファビオ・グラマツィオ+マティアス・コーラー、ユルグ・コンツェット、
トム・へネガン、デイナ・バントロックなど)(以上、日本建築学会)


『ワールドアーキテクチャーシリーズ』
—ラ・トゥーレット修道院、ユニテ・ダビタシオン(ル・コルビュジェ)
—旧山邑邸 ヨドコウ迎賓館、自由学園明日館(フランク・ロイド・ライト)
—トゥーゲントハット邸(ミース・ファン・デル・ローエ)
—ミュラー邸(アドルフ・ロース)
—アアルト邸とアトリエ、セイナッツァロ役場&夏の家(アルヴァ・アアルト)
—チャーチ&チャペル日本1955-1970(アントニン・レーモンド)
—ライトハウス すくっと明治の灯台64基

企業カタログやウェブサイト用テキストなど


株式会社サンワカンパニー様(カタログ、デザインアワード他)
株式会社Luci様(LED照明カタログ他)
JDN様(飛騨の家具アワード、海外向けのテキスト
[第19回][第20回] 文化庁メディア芸術祭 受賞作品集
京都工芸繊維大学様「KYOTO Design Lab」Year Book 2016、2017
淀屋橋ショッピングモール(ネクストワン)様(英語・中国語・韓国語フロアガイド)
イタリア家具ブランド『TOOU』様(ウェブサイト)
ヒダクマ(株式会社飛騨の森でクマは踊る)様(ロフトワーク様)
YKK AP株式会社 窓研究所様(窓学・柱間装置の文化誌、
写真家 ホンマタカシ×アレック・ソス 記事、他)
鬼木孝一郎様(エルメス祇園店他)
やぐゆぐ道具店(鈴木文貴)様(BAKE CHEESE TARTあべのハルカス店)

建築・デザイン系の翻訳絵本


『ながいながいみち』(バナナブックス)
『3びきのこぶた~建築家のばあい~』(バナナブックス)

デザイン誌「AXIS」200号、Japan & Design 世界に映る「日本のデザイン」の今

1981年に創刊されたデザイン雑誌「AXIS」200号。
隈研吾さん、佐藤オオキ(nendo)さんなど
世界を舞台に活躍するデザイナーやキュレーター、経営者、料理人などへの
インタビューで「日本のデザイン」の象徴を紹介しています。

デザイン誌「AXIS」200号は通常のバイリンガル(和英)構成から一転、
一冊丸ごと英文構成の特別仕様。
和訳テキストは綴じ込み冊子あるいはWebマガジン「AXIS」でご覧いただけます。

翻訳でお手伝いさせていただきました。

もずふるサブレ(世界文化遺産、百舌鳥・古市古墳群)

 
百舌鳥・古市古墳群
堺市・羽曳野市・藤井寺市からの出土品や伝承が
プリントされた、もずふるサブレ
 
金銅製甲冑、犬形ハニワとか
ちょっとマニアックでかわいらしいです、笑
 
ポップなど翻訳お手伝いさせていただきました。
堺市の紙カフェ、なんばスカイオ、関空で取扱があります。
世界文化遺産に登録決定で嬉しいです。
 
【メイン担当: やよ(英語)、つんちゃん(フランス語)】

『食がデザインする都市空間』(京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab.)

 
さまざまなテーマでの研究や実践的取り組みが扱われていて、
読み応えのある一冊です。
 
食と水の循環や農業、食文化や都市史、ポルティコとカフェ、
雑誌「るるぶ」にみる市場の観光化、食のブランディング……
 
バーゼルについての論考、翻訳させていただきました。

『カイ・フランクの魅力を語る』 (東京、名古屋、福岡、大阪)

東京ミッドタウンではゲストデザイナーのタウノ・タルナさんや大使館の方々の間で
「フィンランドのサウナが恋しい!」
「代わりに温泉があるよ!」
みたいなやりとりも繰りひろげられ、フィンランドのサウナ愛を感じました、笑。

カイ・フランクと親しくされていたタウノさんのお話だったので、
デザインだけでなく、カイ・フランクの人柄やフィンランドの
ライフスタイルまで垣間見ることのできるイベントでした。

秋のカイ・フランク展(神奈川県立近代美術館)も今から楽しみです。

通訳やアテンド、翻訳などお手伝いさせていただきました。
【メイン担当:やよ】

ディラー・スコフィディオ+レンフロ『a+u』2019年6月号

「建物を建てる」ことへの無関心を表明していた
デザイン・スタジオDS+Rの特集号

ゲリラ的インスタレーションやマルチメディア・パフォーマンス、出版などの
多様な活動とスタジオ発展の経緯をたどれて楽しい一冊です。

ディラー・スコフィディオ+レンフロ
『a+u』2019年6月号

キャプションなど翻訳お手伝いさせていただきました。

フィンランドの巨匠 ”Kaj Franck カイ・フランク” の魅力を語る

5/25、六本木の東京ミッドタウン、デザインハブで。
その後、名古屋、福岡、大阪で開催。

『フィンランドの巨匠 ”Kaj Franck カイ・フランク” の魅力を語る』
– フィンランドより、タウノ・タルナ氏をお迎えして –

フィンランドのこと、インテリアのこと日々の過ごしかた、
いろんなことを考える機会になれば嬉しいです。

通訳アテンドやイベントファシリテーターなどお手伝いさせていただきます。

【メイン担当: やよ】

https://wiwjapan.org/events-cale/event/1182.html

『〈折り〉の設計』 2刷

「プリーツ(折り)」をわかりやすく解説している本
手近な紙で練習したくなります。

ファッションからインテリアや建築まで
デザインの実例も多く楽しい内容です。

ランプシェード/イッセイ・ミヤケ
スカーフ/須藤玲子
Paternoster Vents/トーマス・ヘザーウィック
などなど

『〈折り〉の設計』(ビー・エヌ・エヌ新社)

おかげさまで2刷になりました。
ありがとうございます!

翻訳させていただいています。

AXIS 199号 特集|変容する都市

田川さんと対談されてるマツダのデザイナー、前田育男さんの
『僕の仕事は「ブランドをつくること」が最上位概念』
ということばも印象的です。

エンジニアとの連携でデザイナーが突っ込まれることも増えたっていうエピソードも、笑。

『田川欣哉のBTCトークジャム』より

AXIS 199号 特集|変容する都市
今号も翻訳でお手伝いさせていただいてます。
【メイン担当:やよ、ミッチー】

ニューケイナンのミッドセンチュリー・モダン・ハウス特集『a+u』2019年5月号

自然のなかに佇む住宅の綺麗な写真、充実した図面のほか、
なかなか知ることのないエピソードも。

フィリップ・ジョンソンのガラスの家に招かれたフランク・ロイド・ライトの
「ここは家の中か外のどっちだ?帽子はかぶっておくのか、それとも脱ぐのか?」
ってセリフ、好きです(笑)。

各建築作品のキャプションなど翻訳させていただきました。