カテゴリー別アーカイブ: 実績

翻訳実績の一部紹介

pen&paper 実績

これまでの実績の一部を以下に掲載します。(順不同・書籍著者名の部分は敬称略)
*弊社あるいは代表・牧尾晴喜(まきおはるき)のクレジットが明記されているもの、
あるいはクライアントからここでご紹介する許可をいただいたものです。
*共訳、一部のみ翻訳担当のものを含みます。

デザイン・建築系の専門書/雑誌

『安藤忠雄 建築家と建築作品』(著:安藤忠雄/松葉一清、鹿島出版会)

『Wonderwall Case Studies: Works by a Global Interior Design Firm』
(Wonderwall/片山正通作品集)

『都市のアクティビティ 日建設計のプロセスメイキング』(新建築2017年9月別冊)

デザイン誌『AXIS』

『Yamaha,One PassionーヤマハデザインのDNA、そして未来』
(AXIS(アクシス) 2018年 10 月【増刊号】)
雑誌『A+U』

住宅リノベーションとデザインのプラットフォーム『HOUZZ』(ハウズ)

『JUN AOKI COMPLETE WORKS | 3 | 2005-2014』(青木淳完全作品集 第3集)(LIXIL出版)
『長谷川豪 カンバセーションズ ― ヨーロッパ建築家と考える現在と歴史』 (LIXIL出版)
『Voluntary Architects’ Network』(坂 茂、北山恒、ブラッド・ピット他)(INAX出版)
『建築家・坂本一成の世界』(LIXIL出版)

『現代建築家コンセプト・シリーズ』(LIXIL出版)
(小嶋一浩+赤松佳珠子/CAt、安東陽子、吉良森子、西沢大良、
佐藤淳、中村拓志、西沢立衛他)

『GA 世界の村と街6:アルプスの村と街』(二川幸夫、ADA・EDITA・Tokyo)
『GA 世界の村と街5:イタリア半島の村と街Ⅱ』(二川幸夫、ADA・EDITA・Tokyo)
『安藤忠雄 最新プロジェクト(TADAO ANDO RECENT PROJECT) 』
『GA HOUSES 《世界の住宅》113』(伊東豊雄ほか)

『京都/KYOTO 本城直季写真集』(淡交社)
『広場 』(監修:隈研吾・陣内秀信、永山祐子、ほか) (淡交社)

『あるノルウェーの大工の日記』(エクスナレッジ)
『死ぬまでに見たい世界の超高層ビル』(エクスナレッジ)

『J peak Manabu CHIBA(千葉学)』(EQUAL books社)

『〈折り〉の設計 ファッション、建築、デザインのためのプリーツテクニック』(BNN新社)
『我々は人間なのか』(BNN新社)
『ISOTYPE[アイソタイプ]』(BNN新社)
『箱の設計』(BNN新社)
『ナチュラル アーキテクチャーの現在』(BNN新社)

『コンパクト建築設計資料集成[都市再生]』(日本建築学会)
『建築雑誌』(社団法人 日本建築学会 会誌)
・レム・コールハース、スチュアート・ブランド、
ファビオ・グラマツィオ+マティアス・コーラー、ユルグ・コンツェット、
トム・へネガン、デイナ・バントロック、など各氏の論文・インタビュー

『ワールドアーキテクチャーシリーズ』
—ラ・トゥーレット修道院 ル・コルビュジェ
—旧山邑邸 ヨドコウ迎賓館 フランク・ロイド・ライト
—トゥーゲントハット邸 ミース・ファン・デル・ローエ
—ミュラー邸 アドルフ・ロース
—自由学園明日館 フランク・ロイド・ライト
—ユニテ・ダビタシオン ル・コルビュジェ
—アアルト邸とアトリエ アルヴァ・アアルト
—チャーチ&チャペル日本1955-1970 アントニン・レーモンド
—セイナッツァロ役場&夏の家 アルヴァ・アアルト
—ライトハウス すくっと明治の灯台64基

カタログ・ウェブサイト、メディアリリース・掲載記事など

株式会社サンワカンパニー様(カタログ、デザインアワード他)
株式会社Luci様(LED照明カタログ他)
JDN様(飛騨の家具アワード、海外向けのテキスト
[第19回][第20回] 文化庁メディア芸術祭 受賞作品集
京都工芸繊維大学様「KYOTO Design Lab」Year Book 2016、2017
大阪・淀屋橋ショッピングモールNEX-T1(ネクストワン)様(英・中・韓マップ)
イタリア家具ブランド『TOOU』様(ウェブサイト)
ヒダクマ(株式会社飛騨の森でクマは踊る)様(ウェブサイト)
YKK AP株式会社 窓研究所様(窓学・柱間装置の文化誌、
写真家 ホンマタカシ×アレック・ソス 記事、他)
鬼木孝一郎様(エルメス祇園店他)
やぐゆぐ道具店(鈴木文貴)様(BAKE CHEESE TARTあべのハルカス店)
小島光晴建築設計事務所様(designboom、dezeen他掲載記事)
N-tree(代表・長崎剛志)様(スペイン・T18 Magazine掲載記事)
イクスデザイン(代表・小林正和)様(Archdaily、Retail design blog掲載記事)
ihrmk 井原正揮佳代 / IHARA Masaki Kayo様(ArchDaily掲載記事)
株式会社グランドデラックス様(ニューヨーク・ONE SHOW、Gold Pencil受賞テキスト)
平岡建築デザイン様(designboom掲載記事)

 

建築・デザイン系の翻訳絵本

『ながいながいみち』(バナナブックス)
『3びきのこぶた~建築家のばあい~』(バナナブックス)

 

*「公開可能」という性質上、ここでご紹介しているのは書籍やPR文書が多いですが、
その他にもプレゼン資料や設計図、学術論文、契約書など、さまざまな翻訳に携わっています。

AXIS 196号 特集|夜と朝

AXIS 196号 特集|夜と朝
 
第2特集は 日本文化発信の未来
 
ジャパン・ハウス総合プロデューサーでもある原研哉さんと
MITメディアラボ所長の伊藤穣一さんの対談では
グローバルとローカルは一対の概念であること、
「日本らしさ」が何なのかを深く考えないと、
といったことが語られていて興味深いです。
 
翻訳の立場でかかわらせていただきました。

『a+u』2018年11月号、特集:ノルウェーとデンマークの建築+レール・コリドー、シンガポール

シンガポールの鉄道線跡地レール・コリドー

緑ゆたかな環境のなかに感性を刺激する公共空間っていう
プロジェクト(日建設計)の内容、さらに
国際的なコンペの主催者側や参加側の進めかたも興味深い特集

『a+u』2018年11月号、特集:ノルウェーとデンマークの建築+レール・コリドー、シンガポール

Yamaha,One PassionーヤマハデザインのDNA、そして未来

「ヤマハ」と聞くと楽器派とバイク派にわかれるみたいなのですが、
両社(ヤマハとヤマハ発動機)のデザインを追求した一冊では
「音楽もバイクも“ノル”(乗る)もの」みたいな
すてきなフレーズでつながっています、笑。
 
AXIS(アクシス) 2018年 10 月【増刊号】
Yamaha,One PassionーヤマハデザインのDNA、そして未来
翻訳でお手伝いさせていただきました
【メイン担当: ミッチー、やよ】

『a+u』2018年10月号、特集:大地、人、時に寄り添う、台湾の建築

各地を実際にめぐって地元のひとと交流しながら
特集を進めたという台湾の特集号

住宅、工場、ホテルなど建築と周辺の
今の写真を眺めると旅をしている気分になります。
翻訳の部分でお手伝いさせていただきましたが、
「Ilha Formosa(美しい島)」とも呼ばれた台湾の魅力に満ちた一冊です。

AXIS 195号 特集|世界のデザイン大学2018

京都工芸繊維大学 KYOTO D-Lab
国境や分野を超えたコラボとイノベーションが印象的です。
こういう背景や大学全体のおおきな話、
教員や運営側はもちろん、
学生のあいだに知っておけると素晴らしいですね。
ほかにもパーソンズ美術大学など
国内外の大学が掲載されています。
 
翻訳お手伝いさせていただきました。
【メイン担当: ミッチー、やよ】
 

BAKE CHEESE TARTあべのハルカス店、dezeen award 2018最終選考に

イギリス発の世界的なデザイン系メディアが主催する
「dezeen award 2018」
 
そこで、BAKE CHEESE TARTあべのハルカス店が最終選考に。
周辺地域の物語や素材を活かしつつ
チーズタルトの熱・色・香りも伝えるお店のことが
世界で評価されています。
店舗デザインは「やぐゆぐ道具店」鈴木文貴さん。
ほかには国際的な事務所スノヘッタなども選考に残っています。
 
翻訳お手伝いさせていただきました

『a+u』2018年9月号、特集:オーストラリアのサステイナビリティ

『a+u』2018年9月号、特集:オーストラリアのサステイナビリティ
 
多様な気候と民族を背景にした
サステイナビリティについての考え方
 
いちばん乾いた大陸ともいわれるオーストラリアでは
街中でもシャワーの水が制限されてることも多くて、
住んでたころは、自然・環境と聞くとまっさきに水をおもいました。
 
翻訳でお手伝いさせていただいてます。

京都工芸繊維大学「KYOTO Design Lab」のYear Book2017

京都工芸繊維大学「KYOTO Design Lab」のYear Book2017

建築やデザインの実践的な方法論と
外部とのさまざまなコラボレーションが
まとめられています。

学生のあいだに実感することって多分すくないけれど
こうして世界の最前線の話を聞けるってすごいことですね。

翻訳お手伝いさせていただきました

ザハ・ハディド設計物件のリノベーション記事

ザハ・ハディド設計の物件のリノベーション。
ハディドの美学を守りつつ、新たな居住者の生活にもあうようにデザインされています。
スッキリと見える空間には、そのためのさまざまな工夫がされているものですね。

『特徴的な曲線を生かして。ザハのスタイルを継承するリノベーション』
https://www.houzz.jp/ideabooks/111922271/list

住宅のリノベーションやデザインのプラットフォーム、
Houzz(ハウズ)での記事の翻訳です。
他にも、翻訳でお手伝いさせていただいた記事のうち、
以下が公開されています。

『宙に浮いているよう。キャンチレバーで取り入れる、一歩先の住宅デザイン』
https://www.houzz.jp/ideabooks/111882314/list

『タイルデザインの注目トレンドはカラフルな目地材?』
https://www.houzz.jp/ideabooks/112768407/list